パソコンの故障・パソコン修理・パソコントラブル・パソコンサポート・ウイルス感染・ウイルス駆除・HDDデータ復旧・パソコン教室




 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) |
Outlook Expressの最適化
本日は「メールが突然消えてしまったためにデータ復旧をして欲しい」とのご要望を解決してまいりました。

使用メーラーはOutlook express(以降OE)で、OEの近況をお伺いしたところ
最近以下のメッセージが表示されていたとのこと。

『空きディスク領域を増やすために、Outlook Express はメッセージを最適化することができます。
この操作には数分かかることがあります。 』→ [OK] or [キャンセル] 

上記メッセージは通常OE起動回数が100回に達すると表示されるものですが
OE内の「受信トレイ」や「送信済みトレイ」などの1つのトレイデータが
1GB近くに達してしまうと、毎回OE終了時に表示されてしまいます。

これはOEの1つのトレイデータの最大容量が1GBであるため
容量が1GBに迫ってしまうと、何とかしてメールを削除しようと
OEの終了時に毎回最適化を促してきます。
(無視して容量オーバーをしてしまうと、トレイデータが破損してしまうこともございます)

ここでうっかり最適化をかけてしまいますと
場合によってはある一定期間のメールデータが消えてしまいます。

通常はメールデータの拡張子は「.dbx」ですが最適化をかけて消えてしまうと
「.bak」という拡張子のファイルに変えられてしまいデータが見えなくなってしまいます。

「.bak」ファイルの拡張子を「.dbx」に変更するとメールデータは復活しますが
そのままファイル名を変更すると上書きされてしまったりと
変更操作をは単純ではないため、万が一同じ現象が起きましたらズノウまでご相談下さい。

サポート日記(個人様) | 18:33:03 | Trackback(0) |
会社案内

zunoublog

    author: 株式会社ズノウ RSS
Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2017/08 » 09月

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。